記事の詳細



ショッピングをする際に、クレジットカードではなく、Edyを利用して決済をする方法が存在します。

Edyとは、プリペイド式の電子マネーのことです。利用する際は、タッチするだけでコンビニやインターネット上でショッピングができて便利です。自分で入金(チャージ)した金額だけ使用することができます。

今回はEdyとクレジットカードの違いを分かりやすく解説していきます。


Edyカード
       (Edyカード)



電子マネーEdyの形態
Edyは主に3つの形態に分類されます。

1)Edyカード
Edy機能が搭載されているカードです。

2)おサイフケータイ
スマホや携帯電話で電子マネーが利用できるEdyです。

3)その他
一部ですが、時計やキーホルダーなどにEdy機能が搭載されているものも存在します。



(おサイフケータイでの決済)




Edyの入金方法

コンビニなどのEdy加盟店やEdyチャージャーが設置されている店舗で入金ができます。さらに、「FeliCaポート」を使えば、インターネットで、クレジットカードから入金できます。

また、クレジットカードから入金することで、金額に応じてポイントを貯めることができます。




クレジットカードとEdyの違い

クレジットカードとEdyは、両方とも現金不要で決済ができる仕組みになっています。上述したように、Edyはプリペイド(先払い)式の電子マネーです。一方、クレジットカードは後払いで決済されます。

つまり、両者の違いはクレジットカードとEdyの違いは決済方式(決済時期)が異なるという点です。






Edy機能付きのクレジットカードも

「クレジットカードはとても便利で所有していたいけど、ついつい余計に買い物をしてしまって、毎月決済日前にお金を工面するのが大変だ」という方は、Edy機能が搭載されているクレジットカードがお薦めです。

Edy機能によって入金した分だけ利用することができるので、不必要な買い物をしてしまう心配がなくなります。また、クレジットカードからEdyに入金することで、ポイントを貯めることができるのも大きなメリットです。

最近ではさまざまな種類のEdy機能付きのクレジットカードが発売されているので、あなたのライフスタイルに合わせて申し込んでください^^


ANAマイレージクラブEdyカード
   (Edy機能搭載のANAマイレージクラブEdyカード)









タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る