記事の詳細



JAカードは三菱UFJニコスとJAバンクが提携して発行しているクレジットカードです。

JAバンクとは日本の農業協同組合(JA)、信用農業協同組合連合会、農林中央金庫による信用事業の総称です。

JAカード
(JAカードの公式サイト)


JAカードの主な特徴
JA-SSやホクレンSSでの給油が割引価格で利用できる

JA直売店での買い物が5%割引で購入できる

入会初年度の年会費は無料

トラベルサービスが充実している



JA-SS、ホクレンSSで給油が割引

JAカード

JA-SS、ホクレンSSでJAカードを利用して給油すると、2円/L割引で利用することができます。

カード利用代金口座引き落としの際に、割引した金額が引き落とされます。

※割引特典はハイオク・レギュラーガソリン、軽油による給油が対象です。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-4374329583180752"
data-ad-slot="7009770959">




JA直売店での買い物が5%割引

JAカード

対象のJA直売所やファーマーズマーケットにおいてJAカードで決済をすると、請求時に5%を割り引いてもらうことができます。

JA直売店の中には一部割引対象外の店舗があります。

5%割引が適用されるかどうかは、店頭に『JAカードご利用で5%割引』と記載された大きなノボリが設置されるかどうかで確認して下さい。


近隣のJA直売所やファーマーズマーケットがどこにあるのかを確認したい方は、下記のリンクから調べて下さい。

⇒ JAファーマーズマーケット(直売所)~JAグループ公式サイト~




JAカードわいわいプレゼント

ポイント

JAカードでは、JAカードわいわいプレゼントというポイントプログラムが採用されています。

1ヶ月のショッピング利用合計金額1,000円毎に1ptが付与される仕組みになっています。

ちなみにポイントの有効期限は2年間となっています。


わいわいup

『JAカードわいわいプレゼント』では、利用金額に応じて翌年度のポイント加算される『わいわいup』というポイント優遇サービスも用意されています。

年間(2月~翌月1月)のショッピング利用金額に応じて、翌年度の獲得ポイントが優遇されます。


年間利用金額 ポイント優遇率
100万円以上 基本ポイントの50%分を加算
50万円以上100万円未満 基本ポイントの20%を加算




ポイントの使い途

JJAカードわいわいプレゼント



貯まったポイントは、好きな商品や提携先のポイントと交換することができます。


商品と交換

バラエティ、キッチン&テーブル、ヘルス&ビューティー、ファッション、グルメなどのさまざまなジャンルの商品が用意されています。

JAカード

ポイント移行

他社のポイントプログラムやマイル、電子マネーと交換することができます。

主なポイントの移行レートは下記のとおりです。

ポイント・マイル 移行レート(わいわいプレゼント⇒他社)
楽天ポイント 500pt⇒2,500pt
Tポイント 500pt⇒2,250pt
Pontaポイント 500pt⇒2,500pt
nanacoポイント 500pt⇒2,500pt
dポイント 500pt⇒2,500pt
au WALLETポイント 500pt⇒2,500pt
JALマイル 500pt⇒1,500マイル
ANAマイル 500pt⇒1,500マイル
WAONポイント 200pt⇒600pt
Suicaポイント 500pt⇒2,250pt
キャッシュバック 500pt⇒2,000円




初年度の年会費が無料

初年度の年会費無料

JAカードでは年会費が1,250円+税となっていますが、入会初年度の年会費が無料となります。

さらに年間12万円以上のショッピング利用や携帯電話料金の支払い・電気料金の支払いをカード決済に切り替えることなどで、翌年度の年会費が無料となります。

下記で挙げる項目のいずれかをクリアすればオッケーです。

翌年度の年会費無料の条件
年間12万円以上のショッピング利用

携帯電話料金の支払い

電気料金の支払い



会員サイト『いーじゃん・ねっと』

いーじゃん・ねっと

JAカードに入会すると、会員専用サイト『いーじゃん・ねっと』が利用できます。

会員特典として、旅館・ホテルの宿泊プランをはじめ、地方の特産品・加工品、旅行関連グッズなどをJAグループ特別価格で利用することができます。

入会金や年会費も一切かからないので、積極的に活用しましょう。



トラベルサービスが充実している

旅行

JAカードでは海外や国内旅行に役立つサービスが充実しています。


ツアーデスク

JAカードで決済をしてツアーデスクから申し込むと、海外・国内パッケージツアーの旅行代金が最大5%オフになります。

JALパックやANAセールス、クラブメッド、日本旅行、近畿日本ツーリストなどのさまざまなパッケージツアーが用意されています。


ふらっと・ぷらっと

『ふらっと・ぷらっと』とは、優待情報がたくさん紹介されている優待ガイドブックのことです。

国内主要空港や海外主要都市の掲載店舗で『ふらっと・ぷらっと』を提示してJAカードで支払うと、割引やプレゼントなどの優待が受けられます。

『ふらっと・ぷらっと』ガイドブックの請求は、公式サイト内から実施できます。


海外Wi-Fiルーターレンタルサービス

海外で利用できるWi-Fiルーターレンタルサービスを優待価格(利用料金の20%オフ)で利用できます。

海外旅行や出張中にWi-Fiルーターを持ち歩くことで、いつでも好きな時にスマホやPCなどでのインターネット接続が可能です。

例えば、アメリカでは1日1,170円のところ、20%割引によって1日970円で利用可能です。


海外旅行傷害保険

JAカードには海外旅行傷害保険が付いています。

日本出国前にJAカードで海外旅行代金を支払うことで保険が適用される仕組みになっています。

補償項目 保険金額
障害による死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病による治療費用限度額 200万円
賠償責任限度額 2,000万円
携行品の損害限度額(自己負担額1事故3,000円・年間100万円限度) 1旅行につき20万円
救援者費用限度額 200万円




ロードアシスタンスサービスが追加できる

ロードサービス

JAカードでは、ロードアシスタンスサービス機能を追加することができます。

ロードアシスタンスサービスを追加すると、24時間365日、バイク・クルマを問わずしっかりとサポートしてくれます。

例えば外出中の事故やガス欠、パンクなどの故障のトラブルに対して、一定条件まで無料でサポートしてもらえます。

万が一故障などのトラブルに見舞われた場合はカードの裏側にロードネットサポートセンターの連絡先が記載されているので、そこに連絡して下さい。


年会費1,700円+税

JAカードにロードアシスタンスサービスを追加すると、年会費が450円アップして合計1,700円+税ととなります。

そのため、あなたがどれくらいの頻度でバイクやクルマに乗っているのかを考慮して、ロードアシスタンスサービスを追加するかどうかを検討して下さい。




便利なWeb会員サービス『Net Branch』

JAカード



『Net Branch』はパソコンやスマホから簡単に利用できる会員専用WEBサービスです。

利用明細ネット切替サービスやポイント照会、登録内容の照会・変更、ネットキャッシングの申し込みなどが利用できます。

例えば、利用明細ネット切替サービスを利用すると、毎月のカード利用代金請求の郵送を停止することができます。

オンライン上で利用明細が確認できるようになり、いつでもどこでも簡単にチェックできて非常に便利です。

もちろん過去の利用明細も確認・保存ができるので快適に使えます。

また、紙面の明細書を破棄する手間がなくなって、個人情報に気を遣う必要もなくなります。




デメリット

デメリット

JAカードにはさまざまなメリットがある一方で、デメリットも存在します。

国内旅行傷害保険が付いていない

JAカードでは海外旅行傷害保険は最高2,000万円の補償が付いていますが、国内旅行傷害保険は付いていません。

年会費が低額に設定されているので仕方ないですが、国内旅行傷害保険をカードに付けたい場合は他のクレジットカードの申し込みを検討して下さい。


カードブランドはMasterCardやVISAのみ

JAカードで選択できる国際カードブランドはMasterCardやVISAのみとなっています。

JCBやAmerican Expressなどのカードブランドを選択することはできません。

MasterCardやVISAは国内はもちろん海外でも加盟店が多いカードブランドなので、カード利用をする際に困ることはありませんが、MasterCardやVISA以外のカードブランドを選択したい方にはおすすめできません。




JAカードの申し込み方法・作り方

エントリー

JAカードではインターネット申し込みには対応していません。JAバンクの店舗窓口で申し込むことができます。

近隣のJAバンクを調べたい方は下記のリンクを活用して下さい。

⇒ 店舗・ATMのご案内~JALバンク公式サイト~


審査基準

JAカードを申し込む際に気になるのが審査基準です。

申し込み資格は『原則として18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方』と記載されていて、収入面に関する項目が明記されていないことから、平均的な審査基準だと推測されます。

専業主婦でも旦那さんに安定した収入があれば、審査を通過することが十分に可能です。




JAカードをおすすめしたい方


JAカードはJAの提携施設やJA-SS、ホクレンSSで給油で優待サービスを受けることができるクレジットカードです。

そのため、日頃からJA直売店やJA-SS・ホクレンSSなどを利用する機会が多い方にメリットがあります。

また、JAカードは、JAバンクのICキャッシュカードとクレジットカード機能が1つになった『キャッシュカード一体型』も用意されています。

JAバンクに預金口座を開設している方は、『キャッシュカード一体型』がおすすめです。

2つのカード機能が1枚にまとめることができるので、カード管理が楽になって財布もスリムに保たれます。




基本スペック

申し込み資格 原則として18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
国際ブランド MasterCard、VISA
発行日数 約2週間
利用可能枠 10万円~100万円
年会費 1,250円+税(初年度は無料)
家族カード 400円+税(初年度は無料)
ETCカード 無料
電子マネー対応
ポイント還元率 0.5%
ショッピング手数料 12.0%~15.0%(分割払い)、15.0%(リボ払い)
キャッシング手数料 18.0%



ポイントプログラム

ポイントプログラム名 JAカードわいわいプレゼント
ポイント付与率 1,000円⇒1ポイント
ポイント還元率 0.5%
最低交換条件 200ポイント
交換・還元方法 商品、マイル、他社ポイントへの移行など



付帯保険

国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
ショッピング保険 年間100万円


タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る