記事の詳細



楽天カードは楽天グループから発行されているクレジットカードです。

国内最大級のインターネットショッピングサイト「楽天市場」などをよく利用するなら楽天カードは必須アイテムのカードといえます。


楽天カード
(楽天カードの公式サイト)

楽天カードの主な特徴
ポイントが貯まりやすいクレジットカード

楽天グループでのカード利用でさらにポイントが貯まる

貯まったポイントは楽天グループや街中で使える

年会費が永年無料

セキュリティ対策も万全



今なら入会者に漏れなく5,000ptの楽天スーパーポイントをプレゼント!


今すぐ公式サイトで確認する




ポイント還元率が1.0%と高水準

ポイント還元率が1.0%

一般的なクレジットカードのポイント還元率の水準は0.5%程度となっていますが、楽天カードならその2倍にあたる1.0%という高い還元率を誇っています。

利用金額100円毎に1ptの楽天スーパーポイントが貯まります。

ポイント還元率に優れたカードを探している方におすすめの一枚です。

楽天カード



楽天グループで利用するとさらにお得

楽天カード
楽天カードは文字通り、楽天グループから発行されているクレジットカードです。

そのため、楽天グループでのショッピングなどでカード利用をすると、通常よりもポイント付与率が優遇されます。

例えば、楽天市場でカードを利用すると、楽天スーパーポイントが通常より4倍貯めることができます。

楽天トラベルや楽天ダイニングでのカード利用ならポイント2倍が貯まります。


街の加盟店でもポイントがお得に貯まる

楽天ポイントカード機能が付いている楽天カードを楽天ポイントカード加盟店のコンビニや飲食店、家電量販店などでカード決済をすると、最大3倍のポイントが貯まります。

お得にポイントが貯まる主な加盟店舗・サービスとしては、ENEOSやメガネストアー、JEUGIA、さかいやスポーツ、てもみん、アリさんマークの引越者、サカイ引越センター、大江戸温泉物語などです。

楽天カード


楽天スーパーポイントの使い方

ポイント

獲得した楽天スーパーポイントは、1pt⇒1円相当で利用できます。

楽天市場や楽天トラベルなどの各楽天グループのサービスで利用可能です。


街ナカでもポイントが使える

楽天スーパーポイント

街ナカの楽天ポイント加盟店で買い物をする場合には、現金の代わりに楽天スーパーポイントで支払いをすることができます。

楽天ポイント加盟店のレジで「楽天スーパーポイントで支払います」と伝えてカードを提示して下さい。1ポイント⇒1円で利用できます。

1回の利用につき5,000ptまで利用することができます。

楽天スーパーポイント

楽天EdyやANAマイルと交換できる

楽天スーパーポイント

楽天EdyやANAマイルなら、双方で交換ができます。

【楽天Edy】
移行先 交換レート 交換単位
楽天スーパーポイント⇒楽天Edy 1pt⇒1円 10pt以上1pt単位
楽天Edy⇒楽天スーパーポイント 1円⇒1pt 10円分以上1円分単位


【ANAマイル】
移行先 交換レート 交換単位
楽天スーパーポイント⇒ANAマイル 2pt⇒1マイル 50pt以上2pt単位
ANAマイル⇒楽天スーパーポイント 10,000マイル⇒10,000pt


楽天カードの公式サイトはこちら




年会費が永年無料

年会費無料

楽天カードは年会費が永年無料で利用することができます。

日頃はあまりカード利用しない方でも年会費は一切かからないので、気軽に申し込めると好評です。

ネットショッピングや楽天グループの各サービスでお得にポイントを貯めたい方は申し込みを検討して下さい。



楽天Edyを搭載することができる

楽天Edy

楽天カードに電子マネー『楽天Edy』を搭載することができます。

電子マネーを利用すれば、現金不要でスマートに買い物を済ませることができるメリットが得られます。

この楽天Edyはプリペイド式になっていて、ショッピングで利用するためには事前にチャージをしておく必要があります。


ポイントの二重取りができる

楽天Edyにチャージをすると、チャージ200円毎に2ptの楽天スーパーポイントが貯まります。

そしてチャージをした楽天Edyを使って買い物をすると、さらに利用金額200円毎に1ptの楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天Edy
つまり楽天Edyを利用することで、チャージ時と支払い時のダブルでポイントが貯まって大変お得です。

楽天スーパーポイントを賢く貯めたいなら、楽天Edyを積極的に活用しましょう。



海外旅行傷害保険が付いている

旅行

楽天カードは年会費無料のクレジットカードでありながら、海外旅行傷害保険が備わっています。

利用付帯となっていて、日本を出国する前に海外旅行代金(ツアー料金や飛行機代、ホテルの宿泊料金など)や自宅から出発空港までの交通費を楽天カードで支払うことで保険が適用される仕組みになっています。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
障害治療費用 1事故あたり200万円
疾病治療費用 1疾病あたり200万円
賠償責任(免責なし) 1事故あたり2,000万円
救済者費用 年間200万円
携行品損害(免責金額3,000円) 年間20万円



セキュリティ対策も万全

セキュリティ

楽天カードを安心して利用できるようにさまざまなセキュリティサービスが用意されています。

カード利用お知らせメール

カード利用をしたことをいち早くメールで知らせてもらうことができるサービスです。

楽天カードを利用した場合に最短翌日に速報メールが届きます。そして決済が確定した情報もメールで教えてもらえます。

万が一不正利用があった場合にも早期発見することができるので、被害を最小限に抑えることができます。

楽天カード

商品未着あんしん制度

楽天市場を利用する際に商品が届いていないにもかかわらず店舗と連絡が取れなくなった場合に、所定の調査を実施した上で請求を取り消すことができるサービスです。

商品未着あんしん制度が備わっているので、安心して楽天市場でネットショッピングが楽しめます。

楽天カード

ネット不正あんしん制度

楽天カードを利用してネットショッピングをする際に、不正あんしん制度を自動付帯してもらえます。

万が一カードを不正に利用された場合に、楽天の規定に従って損害額を補償してもらうことができます。

楽天カード



本人認証サービス

本人認証サービス

本人認証サービスは、インターネットショッピングをする際にクレジットカード情報だけでなく、会員自身で設定した『本人認証パスワード』の入力をプラスさせるサービスです。

この本人認証サービスを利用することで、カード情報の盗用による不正使用を未然に防止することができます。

安心してネットショッピングを楽しむためにも楽天カードを所有した場合はぜひ利用して下さい。

楽天e-NAVIから無料で設定することができます。

本人認証サービスを利用できるのは、MasterCard SecureCode、JCB J/Secure、VISA認証サービスの各マークが掲載されている店舗です。

本人認証サービス



第2パスワードの利用

楽天カード
楽天カードでは、会員専用オンラインサービス『楽天e-NAVI』を利用する際に、第2パスワードを無料で利用することができます。

通常は楽天e-NAVIにログインする際はIDとパスワードを利用しますが、第2パスワードを設定することで、より安全性が高まります。

また、第2パスワードの入力を一定回数連続して間違えると、メールアドレスに第2パスワードの入力失敗を知らせるメールを送ってくれます。

第2パスワードは上記の本人認証サービスで設定するパスワードとは異なります。




アプリで明細が確認できる

楽天カード
スマホを所有している場合は楽天カードアプリをダウンロードすることで毎月のカード明細を簡単に確認することができます。

ワンタッチで明細を確認できるだけでなく、お得なキャンペーン情報やグラフ・予算設定による支出管理、カード利用情報のPUSH速報などもチェックすることができます。

また、利用毎にメールで知らせてくれるので、不正利用の早期発見にも役立つツールです。




楽天PINKカード

楽天PINKカード

通常デザイン以外に楽天PINKカードを選択することもできます。

ピンクを基調としたシンプルなデザインとお買いものパンダデザインの2種類が用意されています。

楽天PINKカードは従来の楽天カードと同様に、年会費無料でポイント付与率も同じ設定になっています。

従来の楽天カードとの違いは、女性限定のカスタマイズサービスを付与できる点です。

月額サービスを支払うことで『楽天グループ優待サービス』や『ライフスタイル応援サービス』、『女性のための保険』という3つのサービスを利用することができます。

あなたが女性でより充実したサービスを受けたいと思っているのであれば、楽天PINKカードの申し込みを検討して下さい。



デメリット

デメリット

楽天カードは会員数が多く、カスタマーサポートへの電話がつながりにくいことが多いです。

年会費が永年無料ということで、サポート面においては仕方がないかもしれません。

しっかりとしたサポートを受けたい場合は、年会費が有料のクレジットカードの利用を検討して下さい。

但し、クレジットカード利用における様々な疑問や質問は公式サイト内の『お客様サポート』ページで詳しく解説されています。

『お客様サポート』ページで利用ガイドやよくある質問を確認すれば、大半の問題はクリアできるので、それほど心配する必要はありません。



楽天カードの審査基準

エントリー

楽天カードを申し込む際に気になるのが審査基準です。

楽天カードの申し込み資格は『18歳以上の方』となっていて、収入面に関する記載はありません。

そのため、正社員として勤務している方はもちろんですが、派遣社員や契約社員、パートタイマー、アルバイト勤務の方でも申し込むことができます。

専業主婦や学生(大学生や専門学校生など)でも申し込み可能です。

また、年会費無料となっている点や定期的に入会キャンペーンを実施しているなど、会員数の獲得に注力している点からも、それほど厳しい審査基準を設定していないことが推測されます。

幅広い層を申し込み対象にしているので、気軽に申し込んで下さい。




楽天カードをおすすめできる方


やはり楽天カードは日頃から楽天市場や楽天トラベルなどを利用することが多い方に適したクレジットカードだといえます。

また、年会費が永年無料となっているので、経済的負担がなく利用できます。

楽天カードを利用して賢くポイントを貯めて下さい♪

今なら入会者に漏れなく5,000ptの楽天スーパーポイントをプレゼント!


楽天カードの公式サイトはこちら




基本スペック

申し込み資格 18歳以上で電話連絡が可能な方
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
発行日数 約1週間
利用可能枠 10万円~100万円
年会費 無料
家族カード 無料
ETCカード 500円+税
電子マネー対応 楽天Edy
ポイント還元率 1.0%
ショッピング手数料 12.25%~15.00%(分割払い)、15.00%(リボ払い)
キャッシング手数料 18.00%




ポイントプログラム

    
ポイントプログラム名 楽天スーパーポイント
ポイント付与率 100円⇒1ポイント
ポイント還元率 1.0%
最低交換条件 1ポイント
交換・還元方法 楽天グループの各サービスの利用、マイルへの移行
ポイント有効期限 ポイントが付与された月の翌年同月の前月末日




付帯保険

国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険 2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険




マイレージ

交換可能なマイレージ ANA
マイル付与率 2ポイント⇒1マイル
最低交換単位 50ポイント以上















タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る