記事の詳細



通称「VISAカード」と呼ばれていて、多くの方が思い浮かべるのがこの三井住友VISAカードです。テレビCMも頻繁に放映されていて、非常に知名度が高いクレジットカードです。

ステータス性・信頼性が高く、補償やサービスも充実しているので、社会人の方はぜひ一枚所有してもらいたいお薦めのクレジットカードといえます。

今回は三井住友VISAカードから発行されている数種類の中からスタンダードなカードである三井住友VISAクラシックカードを紹介します。


三井住友VISAクラシックカード
(三井住友VISAクラシックカードの公式サイト)


三井住友VISAカードの主な特徴
安心のVISAブランドで、国内・海外問わず不自由なく利用できる

オンライン入会で初年度年会費が無料

電子マネー「iD」やアップルペイが使える

セキュリティ対策も充実

ネット申し込みなら最短3営業日でカード発行


【最大10,000円のキャッシュバック】

新規入会&1ヶ月後までの利用で1,000円のキャッシュバック

新規入会&2ヶ月後までの利用で2,000円のキャッシュバック

「マイ・ペイすリボ」との同時設定・利用で6,000円のキャッシュバック

三井住友カードiDの入会、もしくはApple Payの新規設定・iD利用で1,000円のキャッシュバックなど


※2018年9月28日までの期間限定

今すぐ公式サイトで確認する





安心・信頼のVISAブランド


VISAカードは世界200以上の国と地域で利用できるカードブランドです。

クレジットカードの売上高の世界シェアに関してもVISAが全体の58%を占めていて、世界ナンバーワンのシェアを獲得しています。

そのため、VISA加盟店は世界各地に数多く存在しているので、カード利用に不自由することはありません。

国内・海外問わず利用できる便利なクレジットカードとして知られているのが、この三井住友VISAカードです。

国内利用だけならJCBカードでも問題ありませんが、海外でカード利用をする予定があるのであれば、断然VISAカードをおすすめします。

三井住友VISAクラシックカード


オンライン入会で初年度年会費が無料

初年度の年会費無料

三井住友VISAクラシックカードでは、インターネットから入会申し込みをすると、初年度年会費が無料になります。

この特典は、新規で三井住友VISAカードを申し込む方限定となります。

切り替えなどでの申し込みや郵送での申し込みでは、無料特典を受けることができないので注意してください。


翌年度以降も条件付無料

また、翌年度以降も『マイ・ペイすリボ』登録と、前年度に1回以上のカード利用をすることによって、翌年度も年会費無料で利用することもできます。

この「1回以上のカード利用」とは、リボ払いが必須というわけではありません。

リボ払い設定金額以内のカード利用で、手数料が発生せずに1回払い利用の場合でも年会費割引の条件クリアとなります。


マイ・ペイすリボの注意点

『マイ・ペイすリボ』をリボ払いの支払い方法なので、毎月あなたが設定した金額のみを支払えるため、金銭的に余裕が生まれるというメリットやポイントが通常の2倍も貯まるなどのメリットがあります。

マイ・ペイすリボ
しかしその一方で、翌月に繰り越された金額に対して手数料(実質年率15.0%)が上乗せされて、最終的に支払う合計金額は増加するというデメリットがあります。

そのため、『マイ・ペイすリボ』を利用する場合は、カードの使いすぎに気を付けるようにして下さい。



ワールドプレゼントのポイントが貯まる

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAカードでは『ワールドプレゼントポイント』というポイントプログラムを利用することができます。

ショッピングやサービスを利用する際にカードで決済をすると、利用金額1,000円⇒1ptが付与されます。

このワールドプレゼントポイントは1pt=5円相当の価値を有しています。

また、ワールドプレゼントポイントの有効期限はポイント獲得月から2年間となっています。

貯まったポイントや有効期限は『Vpass』にログインすることで、確認することができます。


買物累計額に応じてボーナスポイントを進呈

ボーナスポイント

前年度(2月~翌年1月)支払いの買物累計金額によって「V1」「V2」「V3」の各ステージが設定されます。

そして、設定されたステージと今年度支払いの買物累計金額に応じて、ボーナスポイントをプレゼントしてもらえます。

前年度の買物累計金額 ステージ ボーナスポイント
300万円以上 V3 50万円で150pt(以降10万円毎に30pt)
100万円以上300万円未満 V2 50万円で75pt(以降10万円毎に15pt)
50万円以上100万円未満 V1 50万円で150pt(以降10万円毎に30pt)


ボーナスポイント対象外
キャッシング利用分やリボ払い・分割払い手数料、年会費、一部保険料、PiTaPaカード利用分、国民年金保険料、電子マネーチャージなどの特定の加盟店での利用は、ポイント計算の対象外となっています。


ポイントUPモール経由でどんどんポイントが貯まる

ポイントUPモール


三井住友VISAカードを利用してポイントUPモール経由で買い物をすると、通常時よりも2~20倍ものポイントがお得に貯まります(驚)

ポイントUP中のショップは下記のページから確認できます。

⇒ ポイントUP中のショップ一覧~ポイントUPモールの公式サイト~


大手ショップも参加

ポイントUPモールに参加しているショップはたくさんあり、楽天市場やアマゾン、YAHOO!JAPANショッピング、ベルメゾン、エクスペディア、DHC、ユニクロなどの大手も参加しています。

もしあなたが日頃からよく利用しているショップが参加しているのであれば、ポイントUPモールを経由して賢くポイントを貯めて下さい。

三井住友VISAクラシックカード


ワールドプレゼントの使い方

ポイント


カード利用で獲得したワールドプレゼントのポイントは、景品交換やキャッシュバック、マイレージ移行、他社のポイントへの移行などのさまざまな用途で活用できます。


景品交換

200pt以上からポイント数に応じて交換できる景品が用意されています。

ワールドプレゼントの景品

キャッシュバック・チャージ

キャッシュバックや電子マネー『iD』へのチャージ、さらにはプリペイドカードへのチャージが可能です。

交換方法 移行レート移行レート(ワールドプレゼント⇒他社) ポイント移行単位移行レート
キャッシュバック 1pt⇒3円 200pt以上1pt単位
三井住友カード iD 1pt⇒5円 200pt以上100pt単位
プリペイドカードへチャージ 1pt⇒5円 200pt以上1pt単位


マイレージ・ポイント移行

マイレージや他社のポイントプログラムに移行させることができます。

マイル・ポイント ポイント移行単位 移行レート(ワールドプレゼント⇒他社)
ANAマイレージ 1pt⇒3マイル 100pt以上100pt単位
クリスフライヤーマイレージ 1pt⇒3マイル 100pt以上100pt単位
ミッレミリアマイレージ 1pt⇒3マイル 200pt以上100pt単位
WAONポイント 1pt⇒3pt 200pt以上100pt単位
nanacoポイント 1pt⇒3pt 200pt以上100pt単位
楽天Edy 1pt⇒3pt 200pt以上100pt単位
suicaポイント 1pt⇒3pt 200pt以上100pt単位
dポイント 1pt⇒5pt 200pt以上100pt単位
WALLETポイント 1pt⇒5pt 200pt以上100pt単位
Tポイント 1pt⇒4.5pt 200pt以上100pt単位
楽天スーパーポイント 1pt⇒5pt 200pt以上100pt単位
Gポイント 1pt⇒5pt 200pt以上100pt単位

三井住友VISAクラシックカード


三井住友VISAカードの公式サイトはこちら




電子マネー「iD」が使える

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAカードでは電子マネー『iD』が利用できます。

『iD』はポストペイ式(後払い式)になっているので、面倒なチャージが必要ありません。

電子マネーで利用した金額は、三井住友VISAカードの代金請求時に一緒に含まれます。

もちろん利用金額に応じて、ポイントもしっかりと貯まります。

普段利用しているお店でも使えて、決済時のサインも不要でスマートに支払いができます。

例えばセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニやマクドナルド、イオン、自動販売機などでも利用可能です。

三井住友VISAクラシックカード

アップルペイも利用できる

三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAカードなら、Apple Pay(アップルペイ)も利用することができます。

iPhone7やApple Watch Series 2に設定することで、「iD」マークのある店舗や自動販売機などで現金不要でスマートに支払ができます。

アップルペイで設定したクレジットカード番号は、あなたのスマホやAppleのサーバに保管されることはありません。

また、買物をする際にも、クレジットカード番号が利用した店舗に通知されないので安心して利用して下さい。


ポイント10倍キャンペーン実施中

三井住友VISAクラシックカード
現在、アップルペイのiD利用をスタートすることで、ワールドプレゼントのポイントが10倍にアップするキャンペーンが実施されています。

アップルペイの利用を検討しているなら、この機会に登録することをおすすめします。

お得なキャンペーン期間は2017年10月1日~2018年1月31日までです。



海外旅行傷害保険が充実

旅行

三井住友VISAクラシックカードは海外旅行における保険が充実しているのも大きな特徴です。

障害死亡や後遺障害などの大きなトラブルに遭った際には最大で2,000万円の補償を受けることができます。

利用付帯となっていて、事前に旅費などをカード決済することで、海外旅行傷害保険が適用されます。

利用条件を満たした日から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が海外旅行傷害保険の補償対象期間になります。



セキュリティ対策も充実

セキュリティ


ショッピング補償が100万円

クレジットカード利用におけるショッピング補償が最大100万円まで利用できます。

商品の破損や盗難などの被害に遭った場合に購入日から90日間補償されます。

但し、このショッピング補償は海外でカード利用した場合や国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)で決済をした場合に限ります。

つまり、国内で一括払いでカード決済をした場合は適用外となります。


カード紛失・盗難の際も安心

国内・海外問わず、万が一クレジットカードを紛失・盗難に遭った場合の連絡を24時間年中無休で受け付けています。

また、クレジットカードの不正利用の可能性がある際は事前に発見できる体制が整っているので安心です。


写真入りICカードの選択可能

クレジットカードの裏面にあなたの顔写真を入れることができます。(※インターネット入会の場合は写真入りカードの申し込みはできません)

ICチップを搭載することでセキュリティが高まり、偽造が困難になって不正利用を未然に防止することができます。

顔写真が付いていることで、万が一カードが盗難されても不正利用の防止効果が期待できるので海外旅行に行く際にも非常に頼りになりますね。

三井住友VISAクラシックカード


ネット申し込みなら最短3営業日で発行

最短3営業日でカード発行


インターネットから申し込み手続きをした際は、最短3営業日でクレジットカードを発行して約1週間で自宅に到着します。

引き落とし口座の設定などもネット上で簡単に設定できるだけでなく、署名や捺印をする手間も省略できます。



三井住友VISAカードの公式サイトはこちら




デメリット

デメリット

ポイント還元率が低め

三井住友VISAクラシックカードはポイント還元率が0.5%に設定されています。

ポイント還元率が0.5%という数値は平均レベルで、他のクレジットカードと比較しても決して高い数値ではありません。

例えば楽天カードやオリコカード ザ ポイントなどのポイント還元率が1%となっているカードも存在します。

そのため、「カードを利用してお得にポイントを貯めたい!」という方にはおすすめとは言えません。



国内旅行傷害保険が付帯されない

海外旅行傷害保険は付帯されていますが、国内旅行における傷害保険は付帯されていません。

日頃から国内旅行や海外旅行・海外出張などに出かける機会多いという方は、三井住友VISAクラシックカードAをおすすめします。

クラシックカードAでは、海外・国内の両方で旅行傷害保険が最大2,500万円の補償が付帯されるなど、通常のクラシックカードよりも手厚い補償が受けられます。

年会費が1,500円+税と通常のクラシックカードよりも少し高めになっていますが、補償内容を考慮すると、かなりお得です。



三井住友VISAクラシックカードの作り方

エントリー
三井住友VISAクラシックカードはオンラインと郵送の2種類の申し込み方法が用意されていますが、オンライン入会が断然おすすめです。

オンライン入会なら、公式サイト内の申込みフォームから24時間いつでも好きな時に申し込むことができます。

また、インターネットで引落し口座の設定【らくらく発行】を選択すると、最短で3営業日でカードを発行してもらえます。

引落し口座を設定する際に口座番号などを入力する必要があるので、通帳やキャッシュカードなどを事前に用意しておいて下さい。


審査

申込みフォームに入力した情報に基づいて審査が実施されます。

銀行系カードなので審査基準が厳しそうに感じますが、申し込み資格の項目に収入面の記載がないので、実際はそれほど厳しくはありません。

正社員と勤務している方はもちろんですが、フリーターやパートタイマーの主婦である程度の収入があれば審査を通過しているケースも多数報告されています。

また、審査を通過する可能性を高くしたい場合は、キャッシング枠を設けないようにすることをおすすめします。

なぜなら、クレジットカードの申し込みでキャッシング枠を設けると、審査担当者から「この申込者はお金に困っているのではないか・・・?」と疑われてしまう恐れがあるためです。

実際にキャッシング枠を設けない方が審査に通りやすくなるというデータも出ています。


在籍確認

審査の一環として、在籍確認が行われます。

しかし、この在籍確認の電話は実施されるケースと実施されないケースがあります。

実際に三井住友VISAカードの申し込み手続きを実施した方の中で、在籍確認の電話があった方々は全体の3~4割程度となっています。

申し込み手続きで入力した勤務先情報に信頼性がなければ直接勤務先に電話がかかってくる傾向がありますが、明確な基準は存在していません。

勤務先に在籍確認の電話がかかってきたとしても、あなたが本当にその勤務先で働いているかどうかを確認するだけなので、それほど心配する手続きではありません。


カードの発行

審査結果はメールで知らせてくれます。基本的には申し込んだ当日~2日後くらいには審査結果が報告されます。

ドメイン指定受信を設定している場合は、「vpass.ne.jp」と「smbc-card.com」を受信可能ドメインに設定しておいて下さい。

無事に審査を通過すると、カードが発行されます。




三井住友VISAクラシックカードをおすすめできる方


三井住友VISAクラシックカードは信頼性が非常に高く、セキュリティ対策や旅行傷害保険も付与されているクレジットカードです。

あまり名の知れていないような他社のゴールドカードよりも、スタンダードな三井住友VISAクラシックカードを所有している方がステータス性が高いと思います。

リーズナブルな年会費でクレジットカード利用で必要な機能がしっかりと備わっているので安心してメインカードとして所有・利用することができます。

そのため、周りの人たちに好印象を与えることができるカードなので、特に社会人の方にお勧めしたいクレジットカードの1枚といえます。



限定キャンペーン開催中!

2017年12月28日のカード申し込み分までの期間限定で、新規入会者の方々にもれなく最大10,500円分のキャッシュバックが受けられます。

この機会にぜひ三井住友VISAクラシックカードに申し込んでください^^

三井住友VISAクラシックカード

【最大10,000円のキャッシュバック】

新規入会&1ヶ月後までの利用で1,000円のキャッシュバック

新規入会&2ヶ月後までの利用で2,000円のキャッシュバック

「マイ・ペイすリボ」との同時設定・利用で6,000円のキャッシュバック

三井住友カードiDの入会、もしくはApple Payの新規設定・iD利用で1,000円のキャッシュバックなど


※2018年9月28日までの期間限定

三井住友VISAカードの公式サイトはこちら





基本スペック

申し込み資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
国際ブランド VISA、MasterCard
発行日数 最短3営業日
利用可能枠 10万円~80万円
年会費 1,250円+税(初年度は年会費無料)
家族会員年会費 400円+税(初年度は年会費無料)
ETCカード 500円+税(初年度は年会費無料)
電子マネー対応 iD、WAON、PiTaPa
ポイント還元率 0.5%
ショッピング手数料 12.20%~14.75%(分割払い)、15.00%(リボ払い)
キャッシング手数料 15.00%~18.00%




ポイントプログラム

ポイントプログラム名 ワールドプレゼント
ポイント付与率 1,000円⇒1ポイント
ポイント還元率 0.5%
最低交換条件 200ポイント
交換・還元方法 景品、ギフトカード、キャッシュバック、マイル、他社ポイントへの移行
提携ポイント ドコモポイント、auWALLETポイント、楽天スーパーポイント、ビックカメラ、ジョーシンポイント、T-ポイントなど
ポイント有効期限 24か月



付帯保険

国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯:300万円、利用付帯:1,700万円)
ショッピング保険 年間100万円



マイレージ

交換可能なマイレージ ANA、クリスフライヤー、クラブ・ミッレリア
マイル付与率 1ポイント⇒3マイル
最低交換単位 100ポイント
移行日数 約1週間









タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る