記事の詳細



エポスカードはマルイグループから発売されているクレジットカードです。マルイでのショッピング利用の際に大活躍するカードです。


エポスカードVISA
(エポスカードVISAの公式サイト)


エポスカードの主な特徴
世界中のVISA加盟店で利用できる

マルイの店舗や通販サイトでお得にポイントが貯まる

全国10,000以上の提携店でも優待特典が受けられる

年会費無料で利用できるクレジットカード

セキュリティ対策も万全

楽天EdyやモバイルSuicaの電子マネーが使える


今すぐ公式サイトで確認する




世界中のVISA加盟店で利用できる

VISA

エポスカードは国内だけでなく、世界中のVISA加盟店で利用できるクレジットカードです。

VISAに加盟しているコンビニやスーパーマーケット、レストランなどのさまざまな店舗で利用することができます。

利用金額200円毎に1ptのエポスポイントが貯まる仕組みになっています。

また携帯電話料金や公共料金(電気・ガス・水道代など)も支払い可能で、ポイントもしっかりと貯まります。

これらの支払をカード決済に切り替えるだけで定期的にポイントが貯まっていくので、エポスカードを所有した際にはぜひ現金払いからカード決済に切り替えて下さい。




マルイで優待特典が受けられる

エポスカードVISA

エポスカードはマルイの商業施設でのショッピングで優待特典が受けられます。

例えば、年4回開催される『マルコとマルオの7日間』では10%オフで買い物ができます。

また、マルイの店舗や通販(ショッピングサイト『マルイウェブチャンネル』)で、貯まったポイントを1pt⇒1円換算(500pt単位)で支払うことができます。

ショッピングサイト『マルイウェブチャンネル』の配送料に関しては、3,000円以上の注文は配送料無料、3,000円未満でも全国一律195円で配送してくれます。

エポスカードVISA


提携店舗でのショッピングがお得


エポスカードと提携している商業施設で買い物をすると割引をしてくれたり、通常ポイントに加えてボーナスポイントも上乗せしてくれるなどの特典が受けられます。

提携店舗としては、MODI(柏モディ、渋谷モディ、静岡モディ)、エルム、モラージュ柏、フィール旭川、アスピア明石、MONA、ノクティプラザ、コンタクトのアイシティ、エースコンタクト、ココリ、ノジマ、肉のいとう、IDC OTSUKAなどが挙げられます。

ショッピングやグルメ、旅行、宿泊、ビューディー、スクール、スパなどさまざまなジャンルが用意されていて、合計10,000店舗以上で優待が受けられます。

エポスカードVISA

このページで全ての優待内容を説明するわけにはいかないので、各店舗の優待特典の詳細を知りたい方は下記のページで確認して下さい。

⇒ エポトクプラザのショッピング優待・特典



ネットショッピングでポイントが2~30倍貯まる

たまるマーケット

EPOS Netのポイントアップサイト『たまるマーケット』経由でネットショッピングをすると、エポスポイントが通常の2~30倍も貯まります。

いつも利用するウェブサイトで買い物をする前に『たまるマーケット』を経由するだけで、ポイントが通常よりもお得に貯まります。

『たまるマーケット』に参加しているショップは400以上もあり、アマゾンや楽天、YAHOO!JAPANショッピング、ベルメゾン、DHCなどの大手も参加しているので利用しやすいです。

もしあなたが普段利用しているショップが参加しているのであれば、積極的に活用して下さい。




ポイントの使い方

ポイント

エポスカードで貯まったポイントはさまざまな方法で交換することができます。


マルイで使う

上述しているように、マルイの店舗や通販(ショッピングサイト『マルイウェブチャンネル』)で、貯まったポイントを1pt⇒1円換算で支払うことができます。

マルイの店舗でポイントを使う場合は会計時にカードを提示して、「エポスポイントで支払います」と伝えて下さい。

『マルイウェブチャンネル』でポイントを利用する場合は、カードの利用代金の請求時にネット通販利用分の請求が割引かれます。


プリペイドカードに移行

貯まったエポスポイントをエポスVisaプリペイドカードに移行することができます。

エポスVisaプリペイドカードは国内外のVISA加盟店で利用できるプリペイドカードです。

1回の利用金額200円毎に1円がエポスVisaプリペイドカードにキャッシュバックできる仕組みになっています。

プリペイドカード

商品券・ギフト券に交換

ポイント数に応じて、マイルの商品券やギフトカード、クーポンなどと交換することができます。

商品券・ギフト券 交換レート
マルイの商品券 1,000pt⇒1,000円分
VJAギフトカード 1,000pt⇒1,000円分
クオ・カード 1,000pt⇒1,000円分
iTunesギフトカード 1,000pt⇒1,000円分・3,000pt⇒3,000円分
スターバックスカード 3,000pt⇒3,000円分

商品券・ギフト券

他社ポイントに移行

他社のポイントプログラムやマイルに交換することができます。

ポイント・マイル 交換レート
ANAマイル 1,000pt⇒500マイル
ANA SKYコイン 1,000pt⇒1,000コイン
JALマイル 1,000pt⇒500マイル
dポイント 1,000pt⇒1,000pt
WALLETポイント 1,000pt⇒1,000pt
ノジマスーパーポイント 500pt⇒500pt

ポイント・マイル


年会費無料のクレジットカード

年会費無料

エポスカードは年会費無料で利用できるクレジットカードです。

クレジットカード利用で年会費を支払いたくない方や、あまりカード利用をしないという方におすすめです。

また、単に年会費が無料になっているだけでなく、有料カードに匹敵するぐらいのポイント付与率や優待特典、セキュリティ対策などもしっかりと施されているので非常に頼りになるカードだといえます。


ETCカードも無料

クレジットカードだけでなくETCカードも無料になっています。

通行料金はエポスカードの利用分とまとめて請求されます。

もちろんETC利用金額に対してもエポスポイントが貯まる仕組みになっているので安心して下さい。

マイカーを購入してETCカードを利用したい方や年会費無料のETCカードに切り替えたい方はエポスカードと一緒に申し込んでみてはどうでしょうか?


エポスカードの公式サイトはこちら





キャッシング利用も可能

キャッシング

エポスカードはクレジット利用だけでなく、急にお金が必要になった際などにキャッシング利用も可能です。実質年率18.0%で利用可能額の範囲で借入ができます。

初めてカードキャッシングを利用する場合は初回利用日の翌日から最大30日間金利0円で借入をすることができます。

キャッシング時に利用するATM利用手数料はいつでも・どこでも無料となっています。

また、海外のATMでも利用できます。両替手数料がかからずに現地通貨を引き出せるので、海外旅行時にも重宝します。



あんしんサポート

セキュリティ

エポスカードでは、カードの悪用や詐欺などに遭わないように万全の対策が施されています。


ICカード

券面にはICチップが内蔵されています。ICチップを内蔵することによって膨大な情報量の保存・処理が可能になり、高度なセキュリティを保つことができます。

ICカード対応端末が設置されている店舗では、サインの代わりに暗証番号の入力で本人確認を行います。

カード自体の偽造も困難で安全性が非常に高いです。


カードの紛失・盗難

万が一、カードを紛失したり盗難に遭ったりした場合は迅速にエポスカード紛失受付センターに連絡をして下さい。

届け出た日を含めた61日前に遡り、それ以降に不正使用された損害を全額補償してくれます。


カード利用通知サービス

クレジットカードの利用する度にメールで通知をしてくれるサービスです。

即座にメールが通知されるので、万が一カードを不正使用された場合にも早期に発見することができます。

迷惑メール設定をしている場合はメール受信設定を変更して、「01epos.jp」のドメインを受信可能にしておいてください。


不正使用検知システム

不正使用検知システムとは、カードの不正使用のパターンを分析して、第三者が利用した可能性があるかどうかを検知するシステムのことです。

第三者による不正使用をした可能性があると判断した場合は、カード利用時に取引を保留して、あなたに確認をしてくれます。




エポスバーチャルカード

エポスバーチャルカード



エポスカードなら券面のクレジットカード番号とは別に、インターネット専用のバーチャルカード番号を発行することができます。

ネットショッピングではクレジットカード番号ではなく、このバーチャルカードの番号を入力します。

そのため、万が一ネットショッピングで不正使用された場合でも、所有しているエポスカードの券面番号を知られることは一切ないので安心です。

初めて利用するウェブサイトや海外サイトなどでも安心してネットショッピングを楽しむことができます。

但し、携帯電話料金やインターネットプロバイダー料金、公共料金などのクレジットカードを登録して継続的に支払う用途では使えません。




海外旅行傷害保険が付いている

旅行

エポスカードでは海外旅行傷害保険が備わっています。

自動付帯となっているので、出発前の届け出や手続きは一切不要です。

カードを所有しているだけで、自動的に旅行傷害保険が適用されます。

但し、海外旅行傷害保険が適用されるのはカード会員本人のみで、同伴者や家族などは定昇外となります。

補償期間は1旅行につき最長90日間に設定されていて、カード加入日の翌日以降に日本から出発する旅行が対象となります。


保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)




エポスカードに搭載できる電子マネー

電子マネー

エポスカードでは、楽天EdyやモバイルSuicaなどの電子マネーの利用ができます。

楽天Edy

Edy
楽天Edyはプリペイド式の電子マネーなので、利用する前に一定金額をチャージしておく必要があります。
利用範囲も拡大していて、コンビニなどの全国約490,000ヶ所で利用できます。

おサイフケータイ対応のスマホなどに設定することで、オートチャージも可能になります。

楽天Edyでは、チャージ時において1,000円毎に5ptのエポスポイントが貯まります。

そして支払時には200円毎に1ptのエポスポイントが貯まり、ダブルでポイントが貯まって大変お得です。


モバイルSuica

モバイルSuica
モバイルSuicaはJR東日本が発行しているプリペイド式の電子マネーです。

駅の改札口や店舗の会計時にスムーズに支払いを済ませることができます。

楽天Edy同様にチャージ時において1,000円毎に5pt、支払時においては200円毎に1ptのエポスポイントが貯まります。

しかし、モバイルSuicaは年会費が1,030円に設定されています。

そのため、年会費を支払わずに電子マネーを使いたいのであれば、楽天Edyを選択しましょう。




デメリット

デメリット

エポスカードは基本的なサービスがしっかりと備わっているので、大きなデメリットはありません。


強いて言えば、国内旅行傷害保険が付いていない点です。

しかし、年会費無料のクレジットカードなので、むしろ海外旅行傷害保険が備わっているだけでもお得だと言えます。

国内旅行傷害保険を充実させたいのであれば、年会費が有料のクレジットカードの申し込みを検討しましょう。



エポスカードの作り方

エントリー

エポスカードはPCやスマホから申し込み手続きができます。

公式サイト内の申込みフォームから24時間いつでも申し込めます。

申込みフォームに入力する前にカードデザインを選択します。

通常のカードデザインはシルバーと赤の2種類ですが、カード発行料金500円を支払うことでエポスDESIGN CARDを選択することができます。


審査

申込みフォームに入力した情報に基づいて審査が行われます。

審査は非常にスピーディーで、早ければ数分後に「エポスカードのお申し込みについてのお知らせ」という件名で、審査状況や審査結果を知らせてくれます。

気になる審査基準ですが、年会費無料のクレジットカードであることと、申し込み資格が『満18歳以上の方』となっていて、収入面に関する記述がないことから、一般的なクレジットカードと比較してそれほど厳しくないと判断できます。

契約社員やパートタイマー、アルバイト勤務、専業主婦、学生(大学生や専門学校生)などでもカードを発行してもらえます。


カード発行

審査を通過した後、自宅にカードが郵送されます。基本的には審査通過後、約1週間で手元に届きます。

急ぎでカードを受け取りたい場合はマルイ店舗に足を運ぶことで最短当日に受取可能です。

店頭受取を希望する場合は、申し込む際に「店舗・施設で受取」を選択して下さい。

マルイ店舗で受け取る場合は、審査結果メール(携帯電話画面、プリントアウト紙面)と本人確認書類、キャッシュカード、印鑑を持参して下さい。



エポスカードをおすすめできる方


エポスカードはマルイの通販販売や店舗でよくショッピングをしている方におすすめのクレジットカードです。

また上述しているように、年会費無料のクレジットカードでありながら、基本的なサービスはしっかりと備わっています。

そのため、日頃はあまりカード利用はしないけれど、「もしもの時のためにクレジットカードを一枚持っておきたい!」という方にも適しています。


エポスカードの公式サイトはこちら





基本スペック

申し込み資格 満18歳以上の方
国際ブランド VISA
発行日数 3週間程度(※マルイ店舗で受け取る場合は最短即日)
利用可能枠 10万円~60万円
年会費 無料
家族カード
ETCカード 無料
電子マネー対応 楽天Edy、モバイルSuica
ポイント還元率 0.4%~5.0%
ショッピング手数料 15.0%
キャッシング手数料 18.0%



ポイントプログラム

ポイントプログラム名 エポスポイント
ポイント付与率 1,000円⇒1ポイント
ポイント還元率 0.4%~5.0%
最低交換条件 200ポイント
交換・還元方法 マルイでのショッピング割引き、商品券・ギフトカード、他社ポイントサービスへの移行



付帯保険

国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険 最高500万円
ショッピング保険











タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る