記事の詳細



東京VISAカードは東京クレジットサービスから発売されているクレジットカードです。東京クレジットサービスとは、三菱東京UFJ銀行子会社のクレジットカード会社です。東京銀行の子会社として設立されました。

東京クレジットサービスから発売されているカードの中でも一番スタンダードなクレジットカードが「東京VISAカード」です。

東京VISAカード
(東京VISAカードの公式サイト)




東京VISAカードの特徴

1)ウェブ申し込みで初年度の年会費が無料
東京VISAカードはインターネットからの申し込みで初年度の年会費が無料になります。東京VISAカードに申し込むならウェブ経由がお得です。

2)ショッピングプロテクトプラン
リボ払い・分割払い(3回以上)でカードを利用して購入した商品の破損・盗難等による損害を補償するサービスが付いています。補償金額は年間100万円までとなっていて、自己負担は3,000円に設定されています。

3)ICチップ搭載
東京VISAカードにはICチップが搭載されています。磁気製のカードよりもセキュリティに優れている特徴があります。クレジットカードのセキュリティに関して不安がある方も安心して利用できます。


東京VISAカード




デメリット

1)国内旅行傷害保険がない
海外旅行傷害保険は利用付帯で最高2,000万円の補償が付いていますが、国内旅行傷害保険は付いていません。国内旅行に行く機会の多い方にはあまりお薦めできません。

2)年会費が有料
東京VISAカードでは年会費が有料(1,250円+税)となっています。そのため、日常生活でカード決済を利用する機会が多い方に適しているカードといえます。




まとめ

東京VISAカードはカード名にもなっている通り、国際ブランドのVISAのサービスを受けることができるクレジットカードです。VISAカードは国内・海外問わず安心して利用することができます。

そのため、信頼と実績のあるVISAカードを手にしたい方や初めてクレジットカードを作ろうと考えている方にお薦めのカードです^^





基本スペック

申し込み資格 満18歳以上で安定した収入のある方(高校生は除く)
国際ブランド VISA
発行日数 不明
利用可能枠 10万円~60万円
年会費 1,250円+税
家族カード 400円+税
ETCカード 無料
電子マネー対応 iD
ポイント還元率 0.5%
ショッピング手数料 12.0%~14.5%(分割払い)、15.0%(リボ払い)
キャッシング手数料 15.0%~18.0%




ポイントプログラム

ポイントプログラム名 ワールドプレゼント
ポイント付与率 1,000円⇒1ポイント
ポイント還元率 0.5%
最低交換条件 200ポイント
交換・還元方法 景品、ギフトカード、キャッシュバック、ANAマイレージ、他社ポイントへの移行




付帯保険

国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険











タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る