記事の詳細



Yahoo!JAPANカードはヤフー株式会社から発売されているクレジットカードです。

ヤフーはインターネットのポータルサイトで有名な「Yahoo! JAPAN」を運営する企業です。


Yahoo!JAPAN・JCBカード
(Yahoo!JAPANカードの公式サイト)

Yahoo!JAPANカードの主な特徴
Tポイント還元率ナンバーワンの1.0%を実現

Tポイント加盟店でポイントの二重取りができる

年会費無料のクレジットカード

Yahoo!ショッピングとLOHACOでポイントが通常の3倍貯まる

【最大10,000円相当のTポイントをプレゼント】

入会で5,000ptをプレゼント

1回のカード利用で2,000ptをプレゼント

さらに2回のカード利用で3,000ptをプレゼント

※有効期限は2018年3月15日まで

今すぐ公式サイトで確認する




Tポイント還元率ナンバーワンの1.0%を実現

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードでは数あるクレジットカードの中で、一番Tポイントが貯まるカードとして人気があります。

Tポイントが貯まるクレジットカードの中では最高水準の1.0%のポイント還元率を実現していて、利用金額100円につき1ptのTポイントが獲得できます。

また、携帯電話料金や電気・ガスなどの公共料金の支払いもカード決済できるので、これらの支払をカード決済に切り替えることで定期的にTポイントを貯めることができます。

もしあなたが日頃からTポイントを貯めているのであれば、Yahoo!JAPANカードを第一候補として検討して下さい。

ポイント還元率

Tポイントとは・・・

Tポイントは日本最大の共通ポイントサービスとして知られています。

TSUTAYAやファミリーマート、ZOZOTOWN、エディオン、牛角、ガスト、洋服の青山など数多くの企業が参加していて、その提携店舗は合計で58,000店舗にも及びます。

ファミマTカード


Tポイントがダブルで貯まる

ポイント還元率
Yahoo!JAPANカードの大きな特徴の一つが、クレジットカードとTカードの両方の機能を搭載している点です。

毎月のクレジット利用やYAHOO!JAPANサービスの利用でTポイントが貯まるだけでなく、全国のTポイント提携先での利用でTポイントがダブルで貯まって非常にお得です。

※Tポイント提携先でもポイント付与率は各店舗によって異なります。




Yahoo!ショッピングとLOHACOでお得にポイントが貯まる

Yahoo!ショッピング



Yahoo!ショッピングとLOHACOを利用する際に、Yahoo!JAPANのIDでログインしてYahoo! JAPANカードで買い物をすると、いつでもTポイントが通常の3倍獲得することができます。

さらにYahoo!ショッピングのポイントキャンペーンやLOHACOのストアポイントと合わせると、Tポイントがザクザク貯まってとってもお得です。

ポイント還元率

ポイントが3倍貯まる仕組み
Yahoo!ショッピングやLOHACOのウェブサイトでYahoo! JAPANカードを利用すると、「ストアポイント・LOHACOポイント」の他に、Yahoo! JAPANカードの特典として「クレジットポイント」と「Yahoo!ショッピング・LOHACO利用ポイント」が貯まることで、通常の3倍のTポイントが獲得できます。



ヤフオクの利便性がアップ

ヤフオク



Yahoo!JAPANカードの会員になると、インターネットオークションサイト『ヤフオク!』に出品する場合の本人確認が不要になります。

新品・中古を問わずYahoo!JAPANカードで落札代金を支払った商品は、事前申し込みの必要なく自動的に補償の対象となります。

もちろんヤフオクを利用する際にもTポイントが貯まります。クレジットポイントとして、利用金額の1.0%のTポイントを獲得できます。




Tモール経由でのショッピングがお得

Tモール

賢くTポイントを貯めたいなら、Tモール経由でのショッピングがおすすめです。

通常のカード利用よりも、1.5倍以上のTポイントが貰えます。

Tモールには非常に多くのショップが参加しています。

楽天市場やYAHOO!JAPANショッピング、ヤフオク、LOHACO、ニッセン、ショップジャパン、AOKI、高島屋オンラインストアなどの人気ショップも多数出店しています。

その他の参加しているショップを知りたい方は下記のリンクからチェックして下さい。

⇒ Tモールの公式サイト


Tモールの使い方

Tモールのウェブサイトにログインするところからスタートします。

利用ししたいショップページをクリックして、欲しい商品・サービスを見つけてカード決済をするだけでオッケーです。

その他にも登録・資料請求をしたり、アプリをインストールすることでもTポイントが貯まります。

後日、条件に応じたTポイントが自動的に付与されます。





Tポイントの使い方

ポイント


獲得したTポイントは、下記のような方法で交換することができます。


お店で使う

Tポイント提携店舗において、概ね1pt⇒1円換算で支払い時に利用できます。

会計時にYahoo!JAPANカードを提示して、「Tポイントで支払います」と伝えて下さい。

スーパーマーケットやコンビニ、ドラッグストア、ガソリンスタンドなどさまざまな店舗で使えます。

また、端数分だけポイントで支払ったり、○○円分だけポイントで支払うなども可能です。

Tポイントが利用できる店舗は下記のリンクから確認できます。

⇒ Tポイントの主な提携先~Tポイントの公式サイト~


商品交換

ポイント数に応じてさまざまな商品が用意されています。

グルメから家電、生活雑貨、インテリア、キッチン、ファッション、ヘルス、ビューティー、アウトドア、レジャーなどのさまざまなジャンルから選んで下さい。

Yahoo!ショッピング



年会費が永年無料

年会費無料

Yahoo!JAPANカードの年会費は永年無料となっています。カードの所有することによる経済的負担が一切ありません。

そのため、気軽に申し込んで実際にあなた自身が使用してみて、どのようなメリットが得られるのかを試してみるのも良いと思います。


家族カードも無料

また、家族カードも同様に年会費無料で利用することができます。家族カードを利用した際の代金は本会員カードにまとめて請求されます。

Tポイントに関しても本会員カードに付与される仕組みになっています。


ETCカードは年500円

ETCカードを所有する場合は、1枚あたり年会費500円+税がかかります。

年会費の請求は、ETCカード入会月の翌月になっていますが、初年度のみ入会月の翌々月になります。


Yahoo!JAPANカードの公式サイトはこちら




ウェブ明細が利用できる

ウェブ明細料

Yahoo!JAPANカードではウェブ明細が利用できます。

ウェブ明細を利用すると、カード会員サービスメニューからログインすることで、簡単にカードの利用明細を確認できます。

24時間いつでもPCやスマホから利用でき、カードの利用金額や引き落とし日、引き落とし口座の確認ができます。

毎月紙面で送られてくる利用明細を、シュレッダーで細かくして廃棄するのが面倒に感じるのであれば、ウェブ明細に切り替えることをおすすめです。




ショッピングガード保険

セキュリティ

Yahoo!JAPANカードにはショッピングガード保険が備わっています。

カード利用をして、保険期間中に購入した商品が購入日(配送等による場合には商品の到着日)から90日以内に、破損・盗難・火災などの偶然の事故によって損害を被った場合において、所定の金額を補償してもらうことができます。

ショッピングガード保険が備わっているので、安心してショッピングを楽しむことができます。

補償対象商品 商品価格が10,000円(税込)以上のもの
支払限度額 1,000,000円
免責金額(自己負担額) 3,000円
担保期間 購入日より90日間




プラチナ補償を追加できる

プラチナ補償

プラチナ補償はカード会員のみが加入できる充実した補償サービスのことです。

月額490円+税で利用することができます。(※初回申し込みの場合は初月無料)

全部で18種類の補償が付けられます。万が一のためにも金銭的に余裕があるのであれば、ぜひプラチナ補償を付けましょう。


補償内容 補償金額
補償修理 【メーカー保証書がある場合】修理費用の100% 【メーカー保証書がない場合】修理費用の50%
破損補償 購入・落札金額の90%
宅配郵送事故補償 購入・落札金額の90%
盗難補償 購入・落札金額の60%
返品補償 購入・落札金額の50%
携帯電話水漏れ・全壊補償 補償サービス提供者に支払った金額
交通トラブルお見舞い 入院1日につき3,000円
電子デバイス災害補償 購入・落札金額、修理費用
車上荒らし被害補償 購入・落札金額
自転車事故賠償責任補償 【人身事故扱いの場合】身体障害を負わせた他人の入院期間に応じた金額(10万円、5万円、2万円のいずれか) 【物損事故扱いの場合】損害を与えた他人の財物の時価または修理可能な場合は修理費用のいずれか低い額(10万円、5万円、2万円のいずれか)
お悔やみ帰省お見舞い 交通機関の利用料金
旅行・イベントキャンセル補償 チケット購入金額、キャンセル料
海外旅行けが・病気お見舞い 治療費
海外旅行持ちもの損害補償 購入・落札金額の50%
海外旅行思わぬ出費補償 予定外にかかった費用
なりすまし賠償責任補償 損害賠償額
ネット売買トラブルお見舞い 弁護士費用
個人情報漏洩過失責任補償 損害賠償額



Yahoo!JAPANカードで利用できる電子マネー

電子マネー

Yahoo!JAPANカードには電子マネー機能を搭載することができます。

電子マネーを搭載することによって、現金を持ち歩く必要なくカードのみで簡単に支払を済ませることができます。

Yahoo!JAPANカードで利用できる電子マネーとしては、やはりTマネーが第一に挙げられます。

TマネーはTマネー加盟店(店舗・ネットショップなど)で決済ができます。

会計時にカードを提示して、利用する金額を伝えて下さい。ネットショッピングを利用する場合は事前に設定したTマネーの暗証番号を入力して下さい。

Tマネーの月間利用金額に応じて500円毎に1ptのTポイントが上乗せされます。


チャージの方法

Tマネーはプリペイド式の電子マネーなので、事前にチャージをしなければいけません。

しかし、YAHOO!JAPANカードに搭載することで、オートチャージクレジットチャージが利用できるようになります。

オートチャージとは、Tマネー残高が設定金額未満になった際に、予め設定していたチャージ金額を自動でチャージできるサービスです。

一方のクレジットチャージはクレジットカードを使って即座にTマネーをチャージすることができるサービスのことです。

どちらの方法も現金を入金する手間が省けるので、非常に使いやすいです。


その他の電子マネー

申込時にJCBの国際カードブランドを選択すると、nanacoを利用することができ、さらにチャージの際にTポイントが付与されます。

MasterCardやVISAを選択した場合は、nanacoが利用できないので注意をして下さい。

また、MasterCardを選択すると、au WALLETの電子マネーが利用できます。

au WALLETはプリペイド式となっていて、チャージ時と利用時の両方でポイントが貯まります。

その他にはモバイルSuicaSMART ICOCAも利用でき、チャージをする際にポイントが付与されます。




アップルペイを利用できる

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードでは、Apple Pay(アップルペイ)を利用することができます。

手持ちのiPhone7以降の機種にアップルペイを設定することによって、現金不要でスマホを専用読み取り機にかざすだけでスマートに支払を済ませられます。

アップルペイはQUICPay(クイックペイ)加盟店で利用できます。

QUICPayの加盟店舗は年々増加していて、全国展開している大手の店舗であれば、ほぼ加盟しているので利便性も高いです。

もちろんアップルペイで支払った金額に対しても、100円毎に1ptのTポイントが付与されます。




デメリット

デメリット

上述しているようにYahoo!JAPANカードにはさまざまなメリットがありますが、もちろんデメリットも存在します。

100円未満の端数は切り捨ててポイント換算

それほど大きなデメリットではないですが、1明細ごとに100円未満の端数は切り捨てて、ポイント換算される点です。

例えば、2,085円という会計になった場合は端数の85円は切り捨てられて、2,000円分のポイントとして換算されます。


旅行傷害保険が付いていない

国内・海外の両方において、旅行傷害保険が付いていません。

しかし、月額490円+税で利用できるプラチナ補償を付けると、ある程度の保険内容は十分にカバーできます。

補償サービスを充実したい場合は、プラチナ補償の利用を検討して下さい。




Yahoo!JAPANカードの申し込み方法・作り方

エントリー

Yahoo!JAPANカードはインターネット申し込みが便利です。

PCやスマホを使って公式サイトに設置されている申込みフォームから、24時間いつでも手続きができます。

Yahoo!JAPANカードの入会申し込みをする場合は、Yahoo!JAPAN IDが必要になります。

まだYahoo!JAPAN IDを取得していない場合は事前にIDを取得しておいて下さい。Yahoo!JAPAN IDは無料で簡単に登録できます。


審査

申込みフォームに入力した情報に基づいて、所定の審査が行われます。

審査は非常にスピーディーで、最短2分で完了します。「急ぎで審査結果を知りたい!」という方にもおすすめですね。

審査結果は登録したメールアドレスに送信されます。

また審査の一環として在籍確認がありますが、Yahoo!JAPANカードでは在籍確認の電話がかかってくるケースと電話がかかってこないケースがあるようです。

実際にYahoo!JAPANカードを申し込んだ方々の口コミを調査してみると、自動審査によってスピーディーに審査が完了した場合は在籍確認の電話がないようです。

その一方で、自動審査だけでなく人的な審査も必要だと判断された場合に在籍確認の電話がかかってくるケースが多いみたいですね。

在籍確認の電話がかかってきたとしても、あなたが勤務先に在籍しているかどうかを確認するだけでなので、それほど心配する必要はありません。


審査基準

Yahoo!JAPANカードは年会費無料のクレジットカードだという点と、申し込み資格の欄に収入面の条件が記載されていないなどの点から、審査基準は厳しくはないと推測できます。

実際に契約社員や派遣社員、パートタイマー、アルバイト勤務の方々でも審査を通過しているケースが多いです。

また、専業主婦や学生(大学生や専門学校生など)でも審査を通過することができます。


カードの発行

審査を通過することができれば、カードが発行されます。

申し込みから1週間~10日間程度で、「佐川急便 受取人確認サポート」や「郵便局の本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」によって自宅に郵送されます。

Yahoo!JAPANカードを受け取る際には本人確認書類が必要になるので、事前に用意しておきましょう。

本人確認書類とは、運転免許証やパスポート、健康保険証、マイナンバーカード(顔写真付き)などが該当します。




Yahoo!JAPANカードをおすすめしたい方


Yahoo!JAPANカードは日本最大の共通ポイントサービスのTポイントを利用でき、1.0%という高い還元率が魅力のクレジットカードです。

一般的なポイント還元率が0.5%ということからも非常にお得にポイントを獲得することができます。
さらにYahoo!JAPANショッピングやLOHACOでのカード決済では、Tポイントが通常の3倍も貯まる仕組みになっています。

そのため、「Tポイントをお得に貯めたい!」という方におすすめのカードです。

また、年会費が永年無料で利用できるので、Yahoo!JAPANカードに興味があるのであれば実際にあなた自身で利用してみて、メリットがあるかどうかを確かめるのも良いと思います。


【最大10,000円相当のTポイントをプレゼント】

入会で5,000ptをプレゼント

1回のカード利用で2,000ptをプレゼント

さらに2回のカード利用で3,000ptをプレゼント

※有効期限は2018年3月15日まで

Yahoo!JAPANカードの公式サイトはこちら






基本スペック

申し込み資格 18歳以上で安定収入がある方、有効な「Yahoo! JAPAN ID」を所有している方
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
発行日数 約1~2週間
利用可能枠 10万円~50万円
年会費 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
電子マネー対応 Tマネー、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCA
ポイント還元率 1.0%~
ショッピング手数料 18.0%(分割払い、リボ払い)
キャッシング手数料 15.0%~18.0%



ポイントプログラム

ポイントプログラム名 Tポイント
ポイント付与率 100円⇒1ポイント、100円⇒2ポイント(Yahoo!ショッピング利用時)
ポイント還元率 1.0%~
最低交換条件 1ポイント
交換・還元方法 商品、提携店舗での利用、Yahoo!Japan ショッピング内での利用など



付帯保険

国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険
ショッピング保険 最高200万円



<マイレージ


交換可能なマイレージ ANA
マイル付与率 1ポイント⇒0.5マイル
最低交換単位 250ポイント


Yahoo! JAPANカード









タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る