記事の詳細



OMCカードは以前まではOMCが発行していましたが、現在はセディナが発行しているクレジットカードです

OMCは元々ダイエー系のクレジットカード会社として運営していたので、特にダイエーグループの各店舗での割引購入やお得なポイントプログラムが利用できるなど、流通系のクレジットカードとして人気があります。


OMCカード
(セディナ「OMCカード」の公式サイト)




OMCカードの特徴

1)ダイエーやイオン系列の店舗ならポイント3倍
ダイエー、グルメシティ、トポス、イオン、フーディアム、マックスバリュなどで買い物をする場合は、いつでも200円毎にわくわくポイントが3ポイント付与されます。ポイントに関しては利用月の翌々月までに特別加算されます。(※通常利用は200円毎に1ポイント付与される仕組みになっています)

OMCカード


2)わくわくポイントが2倍
カードショッピングが月間5万円(税込み)以上利用した場合はカードショッピングの利用分において200円毎に2ポイント付与してもらうことができます。

OMCカード


3)毎月特定日は5%オフ
マルエツやマルエツプチ、リンコス、十字屋山形などで毎月特定日にカードショッピングをすると5%オフで購入することができます。毎月の特定日は各店舗によって異なるので、詳細は公式サイト内で確認して下さい。

4)セディナポイントモールはさらにお得!
さらにセディナポイントモールを経由してネットショッピングをすると200円毎に3ポイント以上(最大21倍)付与してもらえます。非常にお得にポイントが貯まるので、ネットショッピングをする場合はセディナポイントモールを上手に活用しましょう。

楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピング、ベルメゾン、DHC、ユニクロなどでネットショッピングする場合はセディナポイントモールを経由することでお得にポイントが貯まります。

5)年間60万円以上の利用で年会費無料
OMCカードを年間60万円以上利用する場合は年会費(通常1,000円+税)が無料となります。年会費請求月の前月までの1年間の利用金額が対象となります。日頃からクレジットカード決済をする機会が多い方はOMCカードにすることで年会費が無料になってお得です。


OMCカード




デメリット

1)年会費が有料
OMCカードは年会費が有料(1,000円+税)となっています。そのため、クレジットカードの利用で年会費を支払いたくない方には不向きといえます。

2)ポイント還元率は平均的
デメリットといえるほどではありませんが、ポイント還元率が0.5%~0.65%と一般的なクレジットカードと同水準となっています。高還元率のカードが多い流通系クレジットカードの中ではOMCカードはポイント還元率が低いといえます。




まとめ

上述したように、OMCカードはダイエーグループの各店舗でお得に利用できるクレジットカードです。

OMCカードで採用されている「わくわくポイント」ではギフト券などの他にもJALのマイレージにもポイント交換できるので、マイルを貯める手段としても利用できますね!





基本スペック

申し込み資格 18歳以上で電話連絡が可能な方
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
発行日数 約1週間
利用可能枠 個別に設定
年会費 1,000円+税
家族カード 300円+税
ETCカード 無料
電子マネー対応 QUICPay
ポイント還元率 0.5%~0.65%
ショッピング手数料 12.20%~14.82%(分割払い)、15.0%(リボ払い)
キャッシング手数料 18.0%




ポイントプログラム

ポイントプログラム名 わくわくポイント
ポイント付与率 200円⇒1ポイント
ポイント還元率 0.5%~0.65%
最低交換条件 1,000ポイント
交換・還元方法 ギフト券、マイル、他社ポイントへの移行など




付帯保険

国内旅行傷害保険 最高1,000万円(利用付帯)
海外旅行傷害保険 最高1,000万円
ショッピング保険 最高50万円




マイレージ

交換可能なマイレージ JAL
マイル付与率 5ポイント⇒2.5マイル
最低交換単位 1,000ポイント











タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る