記事の詳細



ミライノカードは住信SBIネット銀行から誕生した新たにクレジットカードです。

今まではSBIカードがラインナップされていましたが、2017年7月31日をもって新規申し込み受付を終了することによって、ミライノカードが誕生しました。

ミライノカード
(ミライノカードの公式サイト)


ミライノカードの主な特徴
ミライノカードがお得に貯まる

スマプロポイントに交換できる

入会初年度の年会費が無料

ICチップ搭載でセキュリティ対策が万全

電子マネーやアップルペイが利用できる


今すぐ公式サイトで確認する




ミライノポイントが貯まる

ポイント

ミライノカードの利用金額に応じて、ミライノポイントが貯まる仕組みになっています。

気になるポイント還元率は0.5%~1.0%で設定されています。

そして、獲得したポイントはスマプロポイントへ交換したり、カード利用の支払総額から減算(キャッシュバック)することができます。




スマプロポイントに交換できる


ミライノポイントはスマプロポイントに交換することができます。

このスマプロポイントは、商品・サービスの利用状況に応じてポイントが付与されます。

例えば、給与や年金の受取において定額自動入金サービスを利用すると30pt、月1件以上の口座振替で5pt、月1万円以上の外貨積立で10pt、月5,000円以上の純金積立で10ptが貰えます。


スマプロランクの判定基準

商品・サービスの利用状況に応じてスマプロランクが確定します。スマプロランクは4つのランクに分類されています。

ランク判定適用月の取引状況によってランクを判定して、翌々月から適応されたランクに応じた優待特典が受けられます。

主なランク判定条件は下記のとおりです。

ランク名 判定条件
ランク2 月末の総預金残高が30万円以上
ランク3 月末の総預金残高が300万円以上
ランク4 月末の外貨預金プラス仕組預金合計が30万円以上

※いずれにも該当しない方はランク1に分類されます。


最大2ランクアップ
住信ネット銀行の口座を引落し口座に設定すると、カードの種類や利用金額によって最大2ランクもアップすることができます。



スマプロランクの優待特典

ランクアップする毎に優遇特典が手厚くなっていきます。

ランク名 ATM利用手数料の無料回数(引き出し) 他行への振込手数料無料回数
ランク1 月2回 月1回
ランク2 月5回 月3回
ランク3 月7回 月7回
ランク4 月15回 月15回

※ランク4の場合はボーナスポイントとして50ptが付与されます。

通常のATM手数料は1回あたり108円、振込手数料は1回あたり154円かかるので、これらの手数料が無料になるのは嬉しいですね。



ポイント交換

貯まったスマプロポイントは1pt⇒1円相当(500pt以上100pt単位)で現金に交換することができます。

ミライノポイントをスマプロポイントに交換すると、ポイント還元率が常に1.0%になって非常にお得です。

入金はキャッシュバックの申請をした翌々日となります。ちなみにポイントの有効期限はポイント付与月の翌々年度3月末までです。




初年度の年会費は無料

初年度の年会費無料

ミライノカードは年会費は900円+税となっていますが、入会初年度は無料で利用することができます。

また、次年度以降においても年間10万円以上のカード利用をすると、年会費を無料にしてもらえます。

月計算で1万円に満たないので日頃あまりカード利用しなくても、携帯電話料金や電気・ガスなどの公共料金の支払いをカード決済に切替えることで、簡単に年間10万円の条件をクリアすることができます。


住信ネット銀行の口座を持っていなくてもオッケー

ミライノカードは住信ネット銀行の預金口座を所有している方はもちろんですが、所有していない方でも申し込むことができます。

都市銀行や信託銀行、ゆうちょ銀行、地方銀行、ネット銀行などの約1,200以上の金融機関を口座振替として利用できます。


ミライノカードの公式サイトはこちら




ミライノカードのラインナップ

ミライノカード



ミライノカードは今回紹介している一般カードだけでなく、ゴールドカードやプラチナカードもラインナップされています。

ここでは各カードの主なスペックを簡単に紹介します。

カードの種類 年会費 付帯サービス
一般カード 900円+税 国内・海外旅行傷害保険、盗難紛失保険など
ゴールドカード 3,000円+税 国内・海外旅行傷害保険、盗難紛失保険、JCBプラザ利用、各種優待サービスなど
プラチナカード 25,000円+税 国内・海外旅行傷害保険、盗難紛失保険、JCBプラザ利用、プラチナ・コンシェルジュデスク、海外空港ラウンジサービス(プライオリティ・パス)、国内空港ラウンジサービス、各種優待サービスなど


基本的には一般カードで十分ですが、実際に利用してみて、もっと充実したサービスを受けたい場合はゴールドカードやプラチナカードの申し込みを検討してださい。




ICチップ搭載でセキュリティ対策が万全

セキュリティ

ミライノカードにはICチップが埋め込まれているので、従来のクレジットカードよりもセキュリティに優れています。

従来の磁気ストラップが搭載されているクレジットカードの場合は専用の読取機からカード情報を盗み取られるリスクがありました。

しかし、ICチップ付きのクレジットカードならそのような心配がなくなります。

また、店舗で支払をする際のサインも不要になり、4桁の暗証番号を入力するだけで決済が完了します。

最近では徐々にICチップ搭載のクレジットカードが増えてきています。これからカードを作ろうと考えているのであれば、ミライノカードのようにICチップ付きのカードを選ぶようにしましょう。




電子マネー『QUICPay』が利用できる

電子マネー

ミライノカードでは電子マネー『QUICPay(クイックペイ)』を利用することができます。

クイックペイはサインや事前のチャージを必要としないポストペイ(後払い)式の電子マネーです。

電子マネー『QUICPay』を利用した金額は後日、ミライノカードに請求される仕組みになっています。

QUICPayで利用した金額分においてもしっかりとミライノポイントが貯まります。

海外利用はもちろんですが、日本全国においてもQUICPayの加盟店舗が年々拡大しています。

例えば、コンビニやスーパーマーケット、百貨店、飲食店、ドラッグストア、ガソリンスタンド、タクシーなどのさまざまなシーンで利用できます。



アップルペイも利用できる

アップルペイ

ミライノカードなら、Apple Pay(アップルペイ)にも対応しています。

アップルペイをミライノカードに紐付けることでクレジットカード自体を持つ必要がなく、スマホなどの携帯機器だけでスマートに買い物ができて非常に便利です。

iPhone 7以降のiPhoneとApple Watch Series 2以降のApple Watchで利用可能です。

アップルペイが利用できる店舗は、QUICPayの加盟店舗です。




デメリット

デメリット

上述しているように、ミライノカードを利用することで得られるメリットはたくさんありますが、その反面デメリットも存在します

入会申し込み時に選択できるカードブランドはJCBのみとなっています。

そのため、VISAやMasterCardなどのカードブランドを選択することはできません。

JCB加盟店は非常に多く、日常生活でJCBブランドのカードを利用する不便さはありません。

但し、海外の旅行先でカード利用する場合や、カードの2枚持ちを検討している方で既にJCBブランドのカードを所有している方にはあまりおすすめはできません。




ミライノカードの申し込み方法・作り方

エントリー

ミライノカードはインターネットから申し込むことができます。あなたが所有しているPCやスマホから24時間いつでも申し込めます。

公式サイトにアクセスして、申込みフォームに必要事項を入力して下さい。


審査

申込みフォームに入力した情報に基づいて審査が行われます。

明確な審査基準は公表されていませんが、安定した収入がある方なら正社員以外でも、パートタイマーやアルバイト勤務でも審査を通過することは可能です。

また、専業主婦でも旦那さんが安定した収入があれば申し込むことができます。


カードの発行

審査を通過することができれば、カードが発行されます。カードが手元に届いたら、すぐに裏面にサインをしましょう。

サインをしていないカードは店舗で利用することはできません。




ミライノカードをおすすめしたい方


ミライノカードは住信ネット銀行を利用している方やスマプロポイントを貯めている方におすすめです。

住信ネット銀行の預金口座をカードの引落し口座に設定するだけで、カードの種類や利用金額に応じてスマートプログラムのランクを最大2ランクもアップしてくれます。

また、キャッシュバックを利用したい方にも使ってもらいたいですね。

カード利用で獲得したミライノポイントを支払総額から減算してもらうことが可能です。


ミライノカードの公式サイトはこちら





基本スペック

申し込み資格 18歳以上で安定した継続収入のある方
国際ブランド JCB
発行日数 約2~3週間
利用可能枠 公式サイト参照
年会費 900円+税(初年度は無料)
家族カード
ETCカード
電子マネー対応 QUICPay
ポイント還元率 0.5%
ショッピング手数料 公式サイト参照
キャッシング手数料 公式サイト参照


ポイントプログラム

    
ポイントプログラム名 ミライノポイント
ポイント付与率
ポイント還元率 0.5%~1.0%
最低交換条件
交換・還元方法 スマプロポイント、キャッシュバック
ポイント有効期限








タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る