記事の詳細



クレジットカードを利用するには、各カード会社で実施される申し込み審査に通過する必要があります。

一体クレジットカードの申し込み審査ではどのようなポイントをチェックしているのでしょうか?これから申し込もうと考えている方はとても興味があるポイントだと思います。

今回はクレジットカードの審査されるポイントについて詳しく紹介しようと思います。



おおまかに3つの項目をチェック

一般的にカード会社は「安定した収入があるのか」「返済能力は十分に備わっているのか」「明確な居住場所があるのか」の3つの項目を重視して審査します。

この中でカード会社が一番重要視するポイントが申込者の返済能力です。クレジットカードの利用はカード会社から観れば、利用者にお金を貸す行為と同様です。返済能力のない方に利用を許可すれば、カード会社が負債を抱えてしまうリスクが高まります。


クレジットカードの申し込み
(クレジットカードの申し込み用紙)




さらに細かくスコアリングを実施

上記の3つのポイントでおおまかに申込者を評価します。そしてそこからより細かく審査が実施されます。

具体的には、申し込みフォームに入力・記載した内容を基に細かく点数をつけてスコアリングされます。例えば、年齢や年収、勤務先、職種、勤続年数、家族構成などの属性です。

もちろん各カード会社によって、項目ごとの重要度や加点・減点要因などの審査基準は異なります。


クレジットカードの審査



信用情報機関の情報もチェック

上記の要素以外に信用情報機関に登録されているか否かも審査に大きく影響します。過去に入金不足によるクレジットカードの決済不能やローンの支払い遅延などがあれば、信用情報機関に個人情報として登録されてしまいます。

カード会社は審査の際には必ず申し込み者が信用情報機関に登録されていないかをチェックします。もし信用情報機関に登録されていれば、審査に通る確率は限りなく低いといえます。




まとめ

クレジットカードを申し込む際は、上記のようなポイントが審査基準となるということを、まずはしっかりと覚えておいてください。

ゴールドカードやプラチナカードなどの審査が厳しいカードではなく、一般的なクレジットカードの申し込みにおいては、定職についていて、ある程度収入がある方なら審査に通る確率は高いと思います。

まずは利用したいカードの会員規約をしっかりと読んで、一度申し込んでみてください^^











タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る