記事の詳細



セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードは、クレディセゾンとアメリカンエキスプレスが提携して発行しているクレジットカードです。

一般のクレジットカードよりも高スペックな特典・サービスが備わったプラチナカードです。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード
(セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードの公式サイト)




特徴

1)個人でも法人でも申し込みが可能
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードでは個人だけでなく、法人でも申し込めるクレジットカードです。

2)充実した付帯保険
国内の旅行傷害保険が最高5,000万円、海外の旅行傷害保険が最高1億円、さらにはショッピング保険が年間300万円など、充実した付帯保険が付与されています。

3)快適な空港サービス
国内主要空港だけでなく、海外300都市、600か所の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」を年会費無料で登録することができます。成田や羽田空港と東京23区内においてハイヤー送迎サービスと優待価格で利用することができます。

4)コンシェルジュサービス
プラチナカード会員限定のコンシェルジュサービスを利用することができます。あなたの相談や問い合わせに専任のスタッフが24時間365日いつでも親切丁寧に対応してくれます。

5)年間200万円以上の利用で年会費が無料
年間200万円以上のカード利用をすると、翌年度の年会費が無料になります。

6)便利な経費管理サービス
会員専用のインターネットサービス「Netアンサー」を利用すると、直近3嘉悦のカード利用明細データを簡単にダウンロードすることができます。利用日や利用店名、支払金額などをCSVデータで出力できるので、ビジネスで発生した経費も簡単に管理することができます。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード




デメリット

1)年会費が高額
プラチナカードということで、年会費が20,000円+税と高額に設定されています。そのため、カード利用においてビジネス利用など、明確な目的がある方以外にはお薦めしません。

2)審査基準が厳しい
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードは、一般のクレジットカードと比較して審査基準が厳しくなっています。そのため、審査で承認される自信がない方はプラチナカードではなく、ゴールカードや一般カードなど少しグレードが落ちるクレジットカードの申し込みを検討してください。




まとめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードは、個人でも法人でも申し込むことができるクレジットカードです。

充実した付帯保険や快適な空港サービス、さらにはコンシェルジュサービスなどのプラチナカード会員限定の優待特典が満載です^^





【セゾンプラチナ・ビジネス・
      アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト】


 ▼ セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
 





基本スペック

申し込み資格 満18歳以上で安定した収入のある方(法人も可能)
国際ブランド American Express
発行日数 約1~2週間
利用可能枠 個別に設定
年会費 20,000円+税
家族カード 3,000円+税
ETCカード 無料
電子マネー対応 iD、QUICPay、楽天Edy
ポイント還元率 0.5%~
ショッピング手数料 9.0%~11.2%(分割払い)、14.52%(リボ払い)
キャッシング手数料 12.00%~18.00%




ポイントプログラム

ポイントプログラム名 永久不滅ポイント
ポイント付与率 1,000円⇒1ポイント
ポイント還元率 0.5%~
最低交換条件 200ポイント
交換・還元方法 商品、ギフト券、マイル、他社ポイントへの移行など
提携ポイント T-ポイント、ベルメゾンポイント、ドコモプレミアクラブ、au WALLETポイント、楽天スーパーポイント、ビックカメラポイント、nanacoポイントなど
ポイント有効期限 期限なし




付帯保険

国内旅行傷害保険 最高5,000万円
海外旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 年間300万円




マイレージ

交換可能なマイレージ JAL、ANA
マイル付与率 1ポイント⇒2.5マイル(JAL)、1ポイント⇒3マイル(ANA)
最低交換単位 200ポイント
移行日数 約1ヶ月












タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る