記事の詳細



クレジットーカードを申し込む際に、短期間のうちに複数のカードを申し込む方がいます。

そのような方の多くは、最初に申し込んだクレジットカードの審査に落ちてしまい、仕方なく他のカードを探して申し込みの審査を受けるということを繰り返すというケースが大半です。

そして、このように短期間のうちに複数のカードを申し込む行為を「多重申し込み」と呼びます。カード会社から多重申し込みとみなされてしまうと審査に通り難くなると言われています。




クレジットヒストリーとして履歴が残る

あなたがクレジットカードを申し込んだ情報は信用情報機関に入力されます。そして、その入力された情報は一定期間、各クレジットカード会社が自由に閲覧することができる仕組みになっています。全国銀行個人信用情報センターや、シー・アイ・シー、日本信用情報機構などが主な信用情報機関です。

信用情報機関に蓄積されたクレジット情報の利用履歴のことを「クレジットヒストリー」と言います。このクレジットヒストリーは利用履歴だけでなく、申し込み情報や契約内容なども記録されてしまいます。

また、カードの申し込み履歴は申し込み日から半年間の間、信用情報機関に残ります。


全国銀行個人信用情報センター
(全国銀行個人信用情報センターの公式サイト)




多重申し込みはカード会社から警戒される

短期間に数多くのクレジットカードの申し込みをしている場合には、カード会社から「お金に困って申し込んでいる」や「キャンペーン目的ですぐ解約するために申込んでいる」、「クレジットカード現金化するために申し込んでいる」などと評価されてしまう恐れがあります。

その結果、カード会社から警戒されて審査に承認される可能性が低くなります。


クレジットカード



短期間に複数のカードに申し込むのは控えよう

クレジットカードに申し込みをする場合には、短期間に申し込む件数を2~3件程度に抑えるようにしましょう。しかし、この申し込み件数の数字はあくまで目安として参考にしてください。

各カード会社は独自の異なる審査基準で審査します。さらに収入面や過去のクレジットヒストリーなども審査に大きく影響します。

また残念ながら、申し込んだカードの審査に落ちてしまい、再度クレジットカードを申し込みたいと考えているなら、3か月程度、できれば半年の期間を空けて再度申し込むようにすることをお勧めします。


三菱UFJニコスカード
(三菱UFJニコスカードの公式サイトの申し込みページ)










タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る