記事の詳細



非常に数が多く、さまざまな種類が存在するクレジットカードですが、今回は銀行系クレジットカードに関してわかりやすく解説していこうと思います。



特徴

銀行系クレジットカードといえば、三井住友カードやJCBカード、三菱東京UFJ-VISAカード、みずほカードなどが知られています。このようなメガバンク系だけでなく、地方銀行やネット銀行からもクレジットカードは発売されています。

最近では各企業の合併などが盛んに実施されているので、銀行系や信販系などの分類を明確にすることが困難な場合もあります。


三井住友カード
      (三井住友VISAカード「デビュープラス」)




メリット

1)1枚のカードで2つの機能を利用できる
銀行系クレジットカードのメリットとして挙げられるのは、やはり銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体化していることです。1枚のカードで2つの機能を利用できるので、財布がかさばらずにスマートに持ち運べるというメリットがあります。

2)手数料が割安になる
銀行が発行するクレジットカードを利用することで、引き出しや振り込みなどの手数料が割引されたり、無料になったりするサービスを受けることができるカードも存在します。

3)ローンの金利が低くなることもある
また、銀行から発売されている各種ローン商品の金利を通常よりも低い数値で利用できる場合もあります。各カードによって特典は異なるので、詳しくは各カードの公式サイトなどで確認してください。


みずほカード
(みずほ銀行から発行されているキャッシュカードとクレジットカード)




デメリット

1)ポイント還元率が低い
銀行系クレジットカードは流通系クレジットカードなどと比較して、ポイントの還元率が低いカードが多いというデメリットがあります。

2)申し込み審査基準が厳しめ
銀行系クレジットカードの申し込み審査は他の系列のクレジットカードと比較して審査基準が少し厳しいと言われています。しかし、最近ではさまざまな銀行でカードが発売されていて、審査基準もさまざまなのが実状です。

3)ゴールドより上のランクのカードが少ない
一般的に、銀行系クレジットカードはゴールドカードが最上位グレードになっていることが多いです。そのため、「プラチナカードやブラックカードのような誰もが憧れるステータス性の高いカードをいつかは持ちたい!」と考えている方はアメックスなどの他のクレジットカードに申し込むことをお薦めします。


銀行のATM
(銀行のATM)




まとめ

上述したように、あなたが日頃からメインバンクとして利用している銀行のクレジットカードを申し込むことで、頻繁に利用するATMの手数料が割安で利用することができます。

また、これからメインバンクのキャッシュカードを作成しようと考えているなら、クレジットカードを一緒に申し込むこともお薦めだと思います。

ATM手数料の割引など銀行からのサービスを手厚くしたいと考えている方におススメですね!













タイプ別クレジットカードランキング!






「たくさん種類がありすぎて、どのクレジットカードを申し込んだらよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、下記の各タイプ別クレジットカードランキングを参考にしてください。

当サイト『クレカぺディア』が独自調査を実施して、100点満点の採点方法でタイプ別にランキングを付けました。きっとあなたにピッタリのカードが見つかると思います^^


ランキングページはこちら









今月のおすすめクレジットカード

JCB CARD W
JCB CARD W

39歳までの方しか申し込めませんが、JCB一般カードとほぼ同様のスペックでありながら、ポイント付与率が常時2倍+年会費永年無料で非常に優遇されています。

⇒ JCB CARD Wの詳細ページ

クレカペディア!申込者数ランキングTOP5

JCB一般カード

JCB一般カード安心と信頼を約束!ステータス性があり、社会人におすすめのクレジットカードです

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード知名度・信頼性共に抜群!国内だけでなく海外利用も安心です。メインカードにするならこの一枚!

オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント年会費無料・ポイント還元率が常時1%以上!さらに入会後6ヶ月間はポイントが2倍にアップ

VIASOカード

VIASOカードポイント交換に迷わない!貯まったポイントを自動キャッシュバックしてもらえる便利なカードです

楽天カード

楽天カード年会費無料カードの定番!楽天グループだけでなく街中でもどんどんポイントが貯まります

ページ上部へ戻る